女友達を増やす方法まとめ

女友達と上手に付き合っていく方法

今現在の女友達

 

私は、結婚して子供もいる30代後半の男性です。

 

学生時代から女性に対してガツガツ行くタイプでは無かったのですが、見た目や話し方から優しいとか可愛いと言われ、どちらかというと恋愛対象よりも友達としての付き合いが多かったと思います。

 

今現在でも10代後半からの付き合いの女友達が2人います。

 

2人共、私が高校を卒業して趣味の延長で続けていたフットサルの試合に、男友達が連れて来たのがきっかけで始まりました。

 

どちらも長い付き合いですが、恋愛対象として付き合った事も無ければ、身体の関係も無く仲の良い友達として付き合ってきました。

 

お互い結婚して子供が出来てからも以前と変わらず友達を続けています。

 

 

 

女友達に対しての感情

 

今現在は、お互い歳も取り、おじさんおばさんですので、恋愛感情も無ければ、今更身体の関係を持ちたいとは思いません。

 

しかし私がまだ20代の頃は、2人きりでいると友達関係を壊してでも、身体の関係を持ちたいと思った事は、何度もありました。

 

しかし自分が奥手である事や、彼女達から毎回のように言われる言葉が、私の自制心を抑え続けました。

 

「T君て本当優しいよね」

 

「T君は、私の男友達で最高の友達」

 

この魔法のような言葉が無ければ、私は彼女達に襲い掛かっていたかもしれません。

 

恋愛感情も若い時は、少なからずあったと思いますが、彼女達とは一切そういった関係にならずに今現在まできています。

 

 

 

女友達との付き合い方

 

知り合った頃は、男友達を含めグループで遊んでいました。

 

仕事が終わってから皆でドライブに行ったり、週末は皆で集まって、朝まで語り合ったりとほとんど2人で会う事はありませんでした。

 

しかし私も含め、彼女達や男友達にも恋人が出来始めてからは、皆で会う事も減り、逆にお互いの恋愛相談や愚痴を聞いたりして、2人で会ったり、電話する事が多かったです。

 

私自身恋人がいましたが、恋人には緊張もするし、気も使う為彼女達と話している方が、気持ちも楽で楽しかったと思います。

 

そして20代後半には、私も結婚をしました。

 

続くように彼女達も結婚をして、私の周りは皆結婚しました。

 

当然ですが、結婚後は子供も産まれ、仕事も忙しくなり、趣味のフットサルも続ける事が出来なくなった事もあり、昔のように皆で集まる機会は、格段にへりましたが、年に数回は連絡を取ったり、集まれる仲間でお酒を飲んだりしています。

 

今では、私も大部大人になって若かれし頃に抱いていた感情を彼女達に本音でぶつける事が出来る程、良い関係でいられます。

 

今では家族ぐるみの付き合いで、お互いの子供同士も仲良く遊んだりしています。

 

 

 

女友達と上手に付き合っていく方法

 

私もこの歳になってたまに考える事があります。

 

男友達でも、歳を重ねる毎に連絡すら取らなくなってしまったのに彼女達とは、これだけ長く続いているのはどうしてだろうかと。

 

20代前半の時は、正直友達としてというよりは、自分の欲求に負けそうになっていたのを、必死で抑えていたという感じでした。

 

しかしお互いに恋人が出来て、結婚してからは、お互いが幸せになれるように強く願っていたと思います。

 

また私も聞き役が多く、彼女達の悩みや愚痴を真剣に聞いて、決して反論せずに受入れてあげた事も、彼女達が私に心をゆるしてくれた要因の1つだと思います。

 

結果としては、私の奥手や相手を気遣いすぎる気持ちが、彼女達からしてみれば、優しさや安心感、また彼女達の気持ちの受け皿になっていたのだと思います。

 

それがこれだけ長い年月異性の友達としていられた1番の要因だと思います。

 

今後彼女達といつまで、良い関係でいられるかは分かりませんが、これからも変わらず友達としていて欲しいと思います。

 

こちらも参考にどうぞ。

 

女友達の作り方